デザイン

あたたかい光とシンボルツリーが静かに、心地よく出迎える。

エントランスアプローチ完成予想図

エントランスアプローチ

駅に着けば、そこにわが家がある日常。華やかな都心に開いたアプローチは、その先に待つプライベート空間へのいざないの間です。
約25mの光壁は、街に存在感をアピールしながら、柔らかな光で帰り着くオーナーのご家族に安らぎをもたらし、
喧噪と分かたれた私邸の始まりを告げます。大きく張り出したキャノピーやシンボルツリーのケヤキも、
気品ある邸の顔を演出し、オーナーのご家族に日々歓びを感じていただけるスペースとしています。

敷地計画:開放感や採光に配慮したトライアングル配置。

前面が道路で開放感にすぐれた東棟・西棟と 、たっぷり降り注ぐ陽光がうれしい南棟。
敷地形状を活かしながら快適性に配慮して3つの住棟を配置し、
その中心部にスイートガーデン(中庭)を設けました。

ランドプランイメージイラスト

セキュリティで守られた、大規模マンションならではのゆとり。

スイートガーデン(中庭)は、
セキュリティで守られた場所にあるため、
入居者の皆さまのコミュニティスペースや憩いの場として
安心してご活用いただけるほか、
お子さまの遊び場としても最適。
大規模マンションならではの
ゆとりを実感していただけるスペースです。

植栽計画:四季折々の表情に、心潤される植栽計画。

シンボルツリーのケヤキをはじめ、中・高木120本、低木類8,000株以上を植栽。
常緑樹と落葉樹をバランスよく配置し、季節を感じられるプランとしました。
年間を通じて多彩な花や緑を愛でることができます。


※掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。なお、一部周辺建物等を透視して描いています。
※ランドプランイメージイラストは、図面を基に描き起こしたもので、実際のとは多少異なります。
※スイートガーデン完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。
※植栽はある程度成長した状態のものであり、また特定の季節を想定して描かれたものではありません